日本妊娠高血圧学会|妊娠中毒症から妊娠高血圧症候群へ Japan Society for the Study of Hypertension in Pregnancy

文字サイズ
Facebook

学術大会の歴史と歴代会長

現在へ、そして未来へ

これまでの約30年間、多くの優れた基礎研究の成果や臨床知見は、学術講演会における発表とともに、本会が発行している機関誌に掲載されています。

最近、特に若手研究者は本症の病態生理に関して分子・遺伝子レベルで検討を進めており、今後こうした新知見は臨床面における進歩と向上に大きく貢献するものと確信しています。

2018年以降の予定

(敬称略)
学会名称 回数 開催日 歴代学術集会大会長 開催地 理事長/
代表世話人
日本妊娠高血圧学会 第39回 2018年
11月2日~3日
木村 正
(大阪大学)
大阪 関 博之

1980年~2017年

(敬称略)
学会名称 回数 開催日 歴代学術集会大会長 開催地 理事長/
代表世話人
日本妊娠高血圧学会 第38回 2017年
9月22日~23日
片渕 秀隆
(熊本大学大学院)
熊本 齋藤 滋
第37回 2016年
10月7日~8日
関 博之
(埼玉医科大学)
埼玉
第36回 2015年
9月11日~12日
水上尚典
(北海道大学)
北海道
第35回 2014年
9月18日~20日
竹田省
(順天堂大学)
東京
第34回 2013年
10月4日~5日
齋藤 滋
(富山大学)
富山 江口 勝人
第33回 2012年
9月7日~8日
増﨑 英明
(長崎大)
長崎
第32回 2011年
10月21日~22日
牧野田 知
(金沢医科大)
金沢
第31回 2010年
10月15~16日
山本 樹生
(日大)
東京
第30回 2009年
8月28~29日
江口 勝人
(岡山中央病院)
岡山
第29回 2008年
10月11~12日
佐藤 章
(福島医科大)
福島 佐藤 和雄
第28回 2007年
10月17~18日
伊藤 昌春
(愛媛大)
松山
第27回 2006年
10月06~07日
田中 憲一
(新潟大)
新潟
第26回 2005年
10月13~14日
池ノ上 克
(宮崎大)
宮崎
日本妊娠毒症学会 第25回 2004年
09月24~25日
中林 正雄
(愛育病院)
東京
第24回 2003年
10月16~17日
鈴森 薫
(名市大)
名古屋
第23回 2002年
09月12~13日
西島 正博
(北里大)
横浜
第22回 2001年
10月11~12日
森川 肇
(奈良医大)
奈良
第21回 2000年
09月21~22日
荒木 勤
(日医大)
東京
第20回 1999年
10月01~02日
相良 裕輔
(高知医大)
高知
第19回
(第11回ISSHPと合同開催)
1998年
10月28日
荻田 幸雄
(大市立大)
神戸
第18回
(第29回OG学会と合同開催)
1997年
10月14日
雨宮 章
(聖マ大)
箱根
第17回 1996年
09月06~07日
藤本 征一郎
(北大)
札幌
第16回 1995年
09月08~09日
岡村 均
(熊大)
熊本 岡村 均
第15回 1994年
09月02~03日
八神 喜昭
(名市大)
名古屋 八神 喜昭
日本妊娠中毒症研究会 第14回 1993年
09月03~04日
松浦 俊平
(愛媛大)
松山 松浦 俊平
第13回 1992年
09月25~26日
佐藤 和雄
(日大)
東京 佐藤 和雄
第12回 1991年
09月02~03日
関場 香
(岡山大)
岡山 中山 道男
第11回 1990年
09月06~07日
杉山 陽一
(三重大)
第10回 1989年
09月13~14日
福田 透
(信州大)
松本
第09回 1988年
10月12~13日
中山 道男
(琉球大)
那覇
第08回 1987年
08月24~25日
竹内 正七
(新潟大)
新潟
第07回 1986年
09月12~13日
望月 眞人
(神戸大)
神戸 須川 佶
第06回 1985年
10月24~25日
友田 豊
(名大)
名古屋
第05回 1984年
09月25~26日
鈴木 正彦
(杏林大)
東京 鈴木 雅洲
第04回 1983年
09月21~22日
一條 元彦
(奈良医大)
京都
第03回 1982年
09月03~04日
坂元 正一
(東大)
東京
第02回 1981年
09月05日
須川 佶
(大市立大)
大阪
第01回 1980年
10月12日
古谷 博
(順天堂大)
東京